TOP > 結婚相談所 > 記事
結婚相談所
分析まとめ & 関連記事一覧

【結婚相談所 体験談】親離れできない20代女性の場合【あおぞらマリアージュ銀座】

タグインタビュー, 女性向け, 男性向け, 体験談

結婚相談所


こんにちは、マッチアップ編集部の古澤です。

親離れ、子離れが出来ていない」という言葉はよく聞きます。

そしてこれが出来ていないと結婚生活に大きな影を落とすということは周りの人から聞いたり、ドラマなどでも良く見て耳にすることです。

今回、婚活を通して、見事に親も子もその難関を突破して幸せな結婚をしたというお話をあおぞらマリアージュ銀座で伺うことが出来ました。

詳しく見ていきましょう!

【カリスマ仲人・コンシェルジュ求む!】成婚サクセス体験談を記事配信してみませんか?

どの結婚相談所がいいかわからないあなたはこちらの記事をどうぞ
【2018年度版】あなたにオススメの結婚相談所はこれで決まり!一目でわかる大手8社の比較表・フローチャート

あおぞらマリアージュ銀座ってどんなところ?

あおぞらマリアージュ銀座は入会後に交際に至る確率は何と99%で会員さんの86%は1年以内に結婚されるというたいへんな成婚率の結婚相談所です。

代表の茂木由理香さんは、もともと婚活パーティの仕事をされていたのですが、「もっと出会いだけでなく、成婚までのお手伝いがしたい」と、このあおぞらマリアージュ銀座を立ち上げた仲人さんです。

その信念通り、あおぞらマリアージュ銀座は少人数制の結婚相談所でしっかりとしたサポートで会員さんの成婚を支えてくれる
とても頼もしい結婚相談所です。

もちろん会員さんの質も高く、男性会員さんの大半が年収600万以上で7割以上の方が大卒以上の学歴を持っています。

今回はここの代表、茂木さんにお話を伺うことが出来ました。


茂木さん

お母さんに依存している27歳の女性

古澤

あおぞらマリアージュ銀座の茂木さんです。

今日は宜しくお願いいたします。

茂木さん

宜しくお願いいたします

古澤

早速ですが、今回お話しいただけるのは、どんなエピソードですか?

茂木さん

お母様に依存して、条件を指図され、真剣交際のお相手も猛反対されていた女性が婚活を経て自立、見事成婚も手に入れたというお話です。

古澤

それは面白そうですね。

ぜひ聞かせてください!

茂木さん

27歳の栄養士の女性Iさんなのですが、お母様と一緒にやってこられました。

お金を出したのもお母様でしたので、お相手の希望や条件などもすべてお母様が出しておられました。

古澤

それはすごい。

主役の娘さん、Iさんはどんな様子だったのですか?

茂木さん

いままでお付き合いしてきた人もすべてお母さんの反対で別れてしまった・・・。お母さんこれ以上言っても無理、お母さんの希望通りのひとでいい・・・。

そんな感じでおられました。

古澤

うーん、ずいぶん受け身な婚活ですね・・・。

大丈夫でしょうか・・・。

茂木さん

もちろん私も自分で好きな人を見つけてもいいんだよって言ってはみましたが・・・。

長いことそんな状態で過ごしておられたのでどうもピンと来られていない様子で。

古澤

そうでしょうね。

もうパターンが出来ていたのかも知れませんね。

ところでそのお母様は、どのような希望や条件を出しておられたのでしょうか?

茂木さん

とにかく安定志向の方で・・・。

年収もそこそこほしいし、もちろん大卒。

年齢も出来るだけ近い方だっとのですが、とにかく安定した仕事、公務員に強いこだわりをもっておられました。

古澤

一部上場企業の人でもだめなんですか?

茂木さん

そうなんです。

お母様の中で、「安定した仕事=公務員」という方程式が成り立っていたのでしょうね。

とにかく安定した仕事、公務員!公務員!の方でした。

古澤

婚活が難航しそうな予感ですね・・・。

母と娘の理想のギャップ

古澤

それでどんな感じで婚活を始められたのでしょうか?

茂木さん

最初はもちろんお母様の希望通りの方をIさんに紹介していきました。

古澤

うーん、やっぱりそうなっていきますよね。

婚活が始まってみてお母さんはどんな様子でしたか?

茂木さん

とにかく色々なことに口を出されて・・・。

「この人はダメ」「この人にしなさい!」「詳しいプロフィールを見せなさい!」などいろいろ言われていました。

古澤

お金を出している分、口も出したくなりますよね・・・。

茂木さん

それでも何とかお見合いを組んでみたり、ちょっと交際してみたりもあったのですが、やっぱりうまくいかなくて・・・。

古澤

本人のIさんはどんな人が希望なんですか?

茂木さん

B型の人は嫌みたいなこだわりはありましたが、どちらかというとフィーリング重視でお母様ほど職業にこだわってはおられませんでした

古澤

じゃあまだ望みはありそうですね。

茂木さん

ええ。

婚活はうまくいかない、お母様は口を出すでちょっと落ち込んでおられたので「お母様の条件じゃない人にもあってみよう!」と持ち掛けてみたのです。

古澤

Iさんは何といったのですか?

茂木さん

茂木さんがそう言ってくれるんだったら・・ということで柔軟に対応してくださいました。

古澤

良かったですね!

Iさんももしかしたら、そうしたかったのかもしれませんね。

そこからどうなりましたか?

茂木さん

31歳のアミューズメント関係の方と会ってみたらすっかり意気投合されて!

初めてのお見合いで4時間も話すくらい気が合われたんです!

もちろんその後すぐに真剣交際に入られました。

古澤

それは良かった!じゃあすぐに成婚!にはならなそうですね…。

公務員じゃないですもんね…。

会員Iさん覚悟を決めて成婚へ

古澤

その後はどのように成婚に向けて進んでいったのでしょうか。

難航が予想されますが。

茂木さん

もちろんお母様からの猛反対がありました。

古澤

やっぱり・・。男性の職業が問題なんですね?

茂木さん

はい。
毎日のようにお母様から電話がかかってきて「2人を別れさせてほしい、引き裂いてほしい」とまで言われました。

古澤

そこまで?

でもそんなことは無理ですよね!

茂木さん

はい。

でもお母様は「せっかく高いお金を払って結婚相談所に入れたのにこんなはずではなかった!」「あんな仕事では不景気になったらすぐダメになる!娘がかわいそうだ!」とおっしゃっておられました。

古澤

男性は年収600万、一部上場の企業にお勤めなんですよね?

誠実で人柄もいいということでしたが…。

茂木さん

ええ、とにかく公務員でないとダメで…。

娘さんのIさんの背中を押したいのですが、お母様を無下にすることも出来ず…。

古澤

茂木さん、板挟みだったんですね・・・。

茂木さん

はい。

でも何とか状況を打破しようと思い、お母様に、「本人同士は気に言ってるわけですから男性と会ってみては・・・」
と持ち掛けたんです。

古澤

なるほど、お母さんの思い込みもありますからね。

そこでどうなったんでしょうか。

茂木さん

男性は人柄は全く問題ない方だったので、お母様もすこし落ち着かれました。

古澤

それは良かったですね!

会ってみて正解でしたね!

茂木さん

「なんでそんな仕事してるの」なんていう失礼な質問をお母様がされても誠実に対応した男性の態度も良かったようですが…。

やっぱり仕事が気に入らないとのことで。

古澤

まだ結婚反対なんですね・・・・。

茂木さん

ええ・・・。

もう仕方がないのでIさんに『大人なんだから、自分たちだけで結婚してもいいんだよ』と言いました。

古澤

まあそうですよね、2人とも20歳超えてますから親の承認はいりませんよね。

茂木さん

いままでIさんは、お母さんに認めてもらわないと私は結婚出来ないと思っておられたようですが、この一言で目が覚めたようです。

古澤

なにか起こったんですか?

茂木さん

お母様に婚活費用は出してもらっていたのですが、「男性と結婚するから、成婚料は自分で出す!」「この男性と結婚出来ないなら相談所は辞める!だれとも結婚しない!」とまで言われるようになったんです。

古澤

えーっ!それはお母さんはかなり驚かれたのではないですか?

茂木さん

ええ・・。

ここまで娘がいうのは、この男性に本気なんだと青ざめられたんです。

古澤

その後お母さんはどうしたんですか?

茂木さん

仲良しのお友達に相談されたそうなんですが、そのお友達に私はとても感謝してるんですよ!

古澤

何をアドバイスしてくれたんですか?

茂木さん

そのお友達はこんなふうに言ってくださったそうです。

「このご時世、仕事がない人、仕事があっても年収が低くて結婚相談所に入れない人も沢山いる。思った通りの人なんていないし、何が大切で何を取るかじゃないの?

古澤

痛快ですね!

良いこと言ってくれたんですね!!

茂木さん

またこうも言ってくださったそうです。

完璧な人なんていないし、反対しすぎて別れさせて、娘さんがその後結婚出来なくなったらどうするの?

古澤

その通りですよね!

いいお友達がいてくださって本当に良かったですね。

茂木さん

そこでガツンと言われて、お母様は目がさめたそうです。

「娘はあの男性といるときはとても幸せそうだ」ということにも気づかれて。

古澤

お母さんもIさんと同じように気づかれたんですね。

茂木さん

ええ。憑き物が落ちたように変わられて。

「成婚料、私が払います。私が娘を入れたのですから。親の責任です。」とまで最後は言ってくださって、最後はハッピーエンドになったんですよ!

古澤

茂木さんの「2人で結婚してもいいんだよ」の一言が大逆転のきっかけでしたね!

今日はどうもいいお話をありがとうございました。

茂木さん

こちらこそありがとうございました。

まとめ

この婚活物語から学ぶことは沢山あります。
でも1つ挙げるとしたら

自分の結婚は誰のものか」ということでしょう。

婚活に親の意見を必要以上に入れている人は、今の世の中でも沢山います。

どんな婚活も暗礁に乗り上げる時は必ずあります。

その時頑張れるかどうかは「自分のパートナーを自分で選ぶのだ」という覚悟でしょう。

オシャレに身を包み、モテるテクニックを身に着けることは「壁を塗ること」やはり結婚という名の家を二人で建てるなら、土台の「自立」を一番にしないといけない。

茂木さんのエピソードは私たちにそう教えてくれています。

あおぞらマリアージュ銀座のホームページはこちら!

【カリスマ仲人・コンシェルジュ求む!】成婚サクセス体験談を記事配信してみませんか?

どの結婚相談所がいいかわからないあなたはこちらの記事をどうぞ
【2018年度版】あなたにオススメの結婚相談所はこれで決まり!一目でわかる大手8社の比較表・フローチャート

結婚相談所はハードルが高くて入会を迷っている方は、低価格で手軽に婚活を始められるマッチングアプリもおすすめ!

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる13個のマッチングアプリ比較表・フローチャート


監修・伊藤早紀

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
都道府県から結婚相談所を探す
× ログイン
アカウントをお持ちで無い方は新規登録へ Facebookでログイン Twitterでログイン または
パスワードをお忘れの方はこちら

× 新規登録
既にアカウントをお持ちの方はログインへ
  • 会員限定記事が読み放題
  • マッチングアプリの恋活・婚活のノウハウがつまった資料を無料でダウンロードできる
  • マッチングアプリ各種のお得な最新情報を受け取れる
  • ラブホの上野さんはじめ恋愛のプロに相談できる
  • または
    利用開始をもって《利用規約》《個人情報保護方針》に同意したものとみなします。