TOP > パートナーエージェント > 記事
パートナーエージェント
パートナーエージェント
分析まとめ & 関連記事一覧
マッチングアプリ情報

パートナーエージェントが新しい時代の結婚・家庭観を考えるメディアQOLをリリース!

タグ特集記事

パートナーエージェント


社会情勢は、デジタル化の進展などで今変化の時にあります。
そんな社会の変化に合わせて、婚活事情も変わってきています。
例えば、「共働き」が前提であることや、インターネットでお見合い相手を探す、といったことなどがあげられます。

「社会の変化についていけず、婚活が上手くいかない!」
そんな方に朗報です。
結婚相談所のパートナーエージェントが、新しい時代の結婚・家族観を紹介していく、QOL(Quality Of Life)というメディアサイトを開始しました。
ここに、変化の激しい今に生きるヒントが隠れているかもしれません。

それでは以下で、QOLについて、詳しく紹介していきます!

成婚率No.1!パートナーエージェントとは?


パートナーエージェントといえば、最近話題となっているドロンジョとブラック・ジャックのCMのイメージがある人も多いと思います。
2006年に創業した結婚相談所ですが、わずか10年で成婚率No.1(※)へ昇りつめました。

専任コンシェルジュを中心としたチーム体制で、ゴールまで手厚くサポート!
この「チーム婚活」という独自サービスが、利用者にとても人気です。
※株式会社ネオマーケティング2017年調べ
パートナーエージェントについて詳しくはこちら↓
パートナーエージェントは本当に結婚できるの?!料金・口コミ評判まで徹底解説!

資料請求&無料カウンセリングはこちらから!

どの結婚相談所がいいかわからないあなたはこちらの記事をどうぞ
【2018年度版】あなたにオススメの結婚相談所はこれで決まり!一目でわかる大手8社の比較表・フローチャート

QOLとは?

まずはQOLについて、簡単に解説していきます。

QOLとは、パートナーエージェントが提供する、インタビュー形式のメディアです。
しかし、「そもそもQOLって何だろう?」「QOLという言葉自体初めて聞いた!」という方も多いと思うので、まずはQOLの意味を紹介していきます。

一般的にQOLは、「自分らしい生活を送り、幸福を得る事」を指します。

しかし、
ここでのQOLは「有識者やユニークな家庭・夫婦の形態を取る人々からお話を伺い、“新しい時代”の結婚観や家庭観を考えるヒントを紹介していく。」という意味です。

時代の変化について行けず婚活で苦戦している人が、今結婚相手に求める条件を理解でき、婚活をスムーズに伝えていくのをサポートしてくれます。

QOLのホームページはこちらから

新しいサイトQOLを開設した背景


ではパートナーエージェントがQOLを開設した背景には何があるのでしょうか?

近年デジタル化やグローバル化等で急激に社会は変化していて、かつ来年で平成という時代が終わり、名実ともに新時代の幕開けを迎えています。

それによって、一昔前まで、私たちが同じ価値観を共有していたはずの結婚観や家庭観も多様化して生きづらいと感じる人も多いのです。

パートナーエージェントは、「世の中に、もっと笑顔を。もっと幸せを。」という想いで、1人でも多くの方を理想の人生へと導く手伝いサポートをしたいという考えがあります。
そこで、パートナーエージェント代表の佐藤氏が、識者の方々やユニークな家庭・夫婦の在り方を実践している方々からお話を伺い、新時代の結婚観や家庭観を考えるヒントを皆様に紹介したいと考えて、QOLを立ち上げたそうです。


QOLで必要な情報、新しい発見が見つけられる

パートナーエージェントは、QOLを今を生きる老若男女、未婚、既婚を問わず全ての人に読んでほしいと思っているそうです。

例えば、未婚の方には新時代に、結婚や家族の作り方に、何が求められているのかを理解できます。

また、今どのような条件が相手に求められているのかが紹介されているので、婚活を行う上で必要な情報の確認や、自分の気づいていないことを発見でき、婚活をスムーズに進める一助になりそうです。

QOLで伝えたいこと

QOLは、結婚や家族の在り方に関する有識者や、時代を先取りしたユニークな家族スタイルを築いている人にインタビューし、新しい時代に合った婚活スタイルのヒントとなることを目指しています。

そして、一人でも多くの方に理想の人生へ導くサポートをしたいと考えています。


第1回目のゲスト、「婚活の生みの母」白河桃子氏との対談


白河氏(左)とパートナーエージェント代表佐藤氏(右)

第1回目のゲストは、2008年に中央大学の山田昌弘教授と共同で『「婚活」時代』を書いた白河桃子氏です。現在の婚活を取り巻く状況や若者たちの結婚観や家庭観、そして「婚活」誕生から10年が経った現状について話を伺いました。

白河氏が話したことをまとめると:

①「婚活」誕生から10年、”産みの母”が語る変わったこと/変えられなかったこと

・1970年代まではベルトコンベア式の結婚で誰もが結婚をするものと考えていたが、1980年代以降からこの考えは衰退した。

・婚活ブームから10年、結婚への行動意欲が高まったが、結婚観は変わっていない。

婚活意識が高まり、よりよい結婚を求める選良意識が高まってきた。

ネットの普及で大人数の中から条件付けで選んでいて「誰かいるでしょ」という認識に変わってきた。

・今は「結婚すること」が活きていく上で正解とは限らず、後の子育てのことまで考えて結婚の是非を考えるようになってきた。

今は個を磨く時代、普通の人間関係さえ面倒だから、恋愛はもっと面倒と思う人が多いが、結婚願望は相変わらずあり、中には「相手を仲人AIで選んで」という人も出てきている。

この記事の詳細はこちらから

②「婚活」から「結婚2.0」へ ~ ”婚活の母”が提唱する新たな結婚観

・男性の年収が右肩上がりで増える時代は終わり、昭和のように女性は家事に専念するのではなく、女性が稼ぐことで家庭が成り立つ共同経営者という意識が大事になってきている。

・そのため夫婦で子育てや家事にどのくらい分担するか考えるのが大事

・しかし男性はまだ家事分担の重要性を理解出来ていないため、数字で説得する必要がある。

・夫婦でのコミュニケーションこそが大事で、アメリカやフランスではこれが実践され、家族観が変わっている.

・働き方改革は一丁目一番地である。これによって男女の不平等さも解消され、結婚・家族観は劇的に変化する。

この記事の詳細はこちらから

今後の展望・コンテンツ方針


今回は、「婚活の母」の白河桃子氏に、婚活誕生からの10年間で変わったこと、変わっていないことなどのお話を伺いました。

今後も、これからの時代のための結婚観・家庭観について多くの方にお話を伺う計画です。

時代が変われば、結婚観・家庭観も変わります。色々な方の話を伺い、これから自分の家庭を作ろうとしている方々にとって理想の人生を送るためのヒントとなる事を目指しています。

パートナーエージェントは、一人でも多くの方を理想の人生に導くことを願っています。

QOLのホームページはこちらから

QOLのプレスリリースはこちらから

パートナーエージェントのホームページはこちらから

資料請求&無料カウンセリングはこちらから!

より詳しくパートナーエージェントについて知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓
パートナーエージェントは本当に結婚できるの?!料金・口コミ評判まで徹底解説!

 

どの結婚相談所がいいかわからないあなたはこちらの記事をどうぞ
【2018年度版】あなたにオススメの結婚相談所はこれで決まり!一目でわかる大手8社の比較表・フローチャート

結婚相談所はハードルが高くて入会を迷っている方は、低価格で手軽に婚活を始められるマッチングアプリもおすすめ!

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる13個のマッチングアプリ比較表・フローチャート


監修・伊藤早紀
パートナーエージェントパートナーエージェントに登録してみる

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
都道府県から結婚相談所を探す
× ログイン
アカウントをお持ちで無い方は新規登録へ Facebookでログイン Twitterでログイン または
パスワードをお忘れの方はこちら

× 新規登録
既にアカウントをお持ちの方はログインへ
  • 会員限定記事が読み放題
  • マッチングアプリの恋活・婚活のノウハウがつまった資料を無料でダウンロードできる
  • マッチングアプリ各種のお得な最新情報を受け取れる
  • ラブホの上野さんはじめ恋愛のプロに相談できる
  • または
    利用開始をもって《利用規約》《個人情報保護方針》に同意したものとみなします。