TOP > ツヴァイ > 記事
ツヴァイ
ツヴァイ
分析まとめ & 関連記事一覧
マッチングアプリ情報

【結婚相談所 体験談】28歳女がツヴァイに入会!良かったこと悪かったことを本音でレビューします!

タグ口コミ, 体験談

ツヴァイ


こんにちは、ぴんくぱんだです。
私は現在30代半ばですが、28歳の頃、結婚適齢期なのに彼氏さえいない状況に焦って、たくさんの婚活をしてきました。

その婚活のうちの一つが、結婚相談所への登録です。

私は大手結婚相談所「ツヴァイ」に、約10ヶ月間在籍をして、活動してきました。

そんな私のツヴァイでの婚活体験談を、ありのままお話させていただきますね。

あなたの婚活の、参考になれば幸いです!


ZWEI(ツヴァイ)公式サイト

自分にはどの結婚相談所があっているのか分からない方はこちら!
↓↓↓
kekkonsoudanmap
【2019年度版】あなたにオススメの結婚相談所はこれで決まり!一目でわかる大手8社の比較表・フローチャート

ツヴァイに入会して良かった3つのこと

まず私がZWEI(ツヴァイ・ツバイ)に入会して良かった3つのことを紹介したいと思います。

・結婚に対して真剣な異性が集まっていること
・個人情報が無駄に漏れない安心感
・気になる異性がいたら気軽にコンタクトを申し込めること

結婚に対して真剣な異性が集まっていること

まず、ツヴァイに登録するときに、結婚に対して真剣な異性ばかりが登録していることへの安心感がありました。

私はそれまで、婚活パーティーに何度も参加していました。

そこでは、ただの人脈作りが目的なのか、チャラついた服装で参加している男性を何度も見かけました。

婚活パーティーは会費は比較的安価で、誰でも気軽に参加できるので、「本気のお相手探し」が目的ではない人もいたのです。

でもそれに対して、ツヴァイの登録には、入会金などの初期費用、そして月会費など高額な支出が必要です。

平社員の私にはキツめの支出ではありましたが、裏を返せば「高額な支払いをしてまで、遊び目的で入会する人はいない。お金を払っても成婚したいと考えている、結婚に本気の人ばかりが登録しているんだ」と思ったのです。

個人情報が無駄に漏れない安心感

そして、個人情報が無駄に漏れないことへの安心感もありました。

(現在このシステムは廃止されましたが)私が入会していた頃は、相手の顔写真は支店のパソコンからでしか閲覧できないシステムでした。

例えば男性会員の家に友人が遊びに来た際、「どんな女性が登録しているのかな、見てみようぜ」などと、むやみやたらに私の個人情報を閲覧されたくはありませんでした。

その点ツヴァイは、自宅のパソコンや携帯では顔写真が閲覧できないシステムでしたので、安心できました。

気になる異性がいたら気軽にコンタクトを申し込める

さらに良かった点として、「気になる異性がいたら気軽にコンタクトを申し込める」ということが挙げられます。

毎月届くデータマッチングのお相手のプロフィールや、私にコンタクト申請をくれる異性たち、支店入口に貼り出されている自筆の自己プロフィール……など、ツヴァイには多くの異性との出会いのチャンスがあり、しかも気になる異性がいたら気軽にコンタクトを申し込めたのがメリットでした。

申し込み方は単純で、コンタクトを申し込みたいお相手の氏名や会員番号などを、専用の紙に書いて支店のスタッフに渡すだけです。

スタッフが相手の方とコンタクトを取ってくれるので、相手も「OK」ならそのままお互いの連絡先が交換できる仕組みです。

ツヴァイに入会して悪かった3つのこと

逆に、ZWEI(ツヴァイ・ツバイ)に入会して悪かったことを3つ紹介します。

・勤務先名が公開されてしまうこと
・異性の顔写真は、支店のパソコンでしか閲覧できなかったこと(※現在このシステムは廃止)
・データマッチングの相手が遠方ばかりだったこと

勤務先名が公開されてしまう

ツヴァイは、勤務先が全会員に公開されます。それが私には、少しデメリットに思えました。もちろん、メリットとしての側面もあります。

異性のプロフィールには勤務先も掲載されているので、「そこはどんな会社?」「それってどんな仕事?」など、公開されている勤務先名を元にインターネットで検索すれば、相手の仕事に関するおよその概要が掴めたのです。

でも私の職場は、国道沿いの、とても分かりやすい場所にあります。

決して大手ではないのですが、外観が派手な色なので、近郊に住んでいる人なら誰しも知っている会社だと思います。

だから私の勤務先名がプロフィールに掲載されてしまうと、私の情報を見た異性が「あっ、この職場知ってる……うちの近所だ。あそこで働いている子なのか」と、私個人を簡単に特定されてしまう恐れがあったからです。

そしてもちろん、「同じ会社の従業員も実は入会していたらどうしよう!私が入会していることがバレたら気まずい」という怖さもありました。

異性の顔写真は、支店に行かないと検索できないシステムだった

また前項にメリットとしてお伝えいたしましたが、私が入会していた頃は、異性の顔写真は支店のパソコンからでしか閲覧できないシステムでした。

仲間内で遊び半分で閲覧される心配がない反面、支店との距離が遠方の私にとっては、支店に行くまでがかなりの負担でした。

データマッチングの相手やコンタクト申請をしてくれた異性など、気になる異性の会員ナンバーをメモして支店に持っていき、支店のパソコンに打ち込むと写真が見られました。

でも、そのためだけに支店に行くのはかなり大変でした。

電車で片道1時間かけて支店に行くのに、写真を見る時間なんてほんの数分程度です。

用事が終わったら、また片道1時間をかけて帰宅するのです・・・。

もし支店からの距離が近い人なら、これがデメリットとは思わないことでしょう。

しかも現在はこのシステムは廃止され、自宅のパソコンやスマホから閲覧できるようになったみたいですしね。

個人情報保護に関しては安心でしたが、もし私がこの新しくなったシステムを使っていたら、もっと婚活がスムーズにいったのかもしれません・・・。

データマッチングの相手の居住地が限定できなかった

そして3つめのデメリットは、データマッチングの相手の居住地が限定できなかったことです。

私は埼玉に住んでいるのですが、データマッチングで紹介してくれる相手は「関東圏」という大きな括りでした。

そのため、埼玉に住んでいながらして、茨城の相手を紹介されたり、神奈川の相手のプロフィールが届いたりしました……。

もちろん、実際に会ってみたら相性ばっちりで意気投合するのかもしれませんが、ちょっと遠方すぎて、コンタクトを申請する気にはなれませんでした・・・。

私の実際の体験談(入会のきっかけや結果まで)

次に実際に私がツヴァイに入会したきっかけから、実際に体験したことを赤裸々にお伝えしていきたいと思います。

入会のきっかけ

私がツヴァイを選んだのは、友人の紹介でした。

大学時代の友人から突然、「結婚します」との報告を受けたので、お祝いも兼ねてランチをしたときのことです。

彼氏との出会いを聞いた私に、彼女は「結婚相談所に登録したの。そこで知り合った男性と結婚したのよ」と教えてくれました。それが、ツヴァイです。

彼氏の写真を見せてもらったら、誠実で真面目そうな、とても良い人でした。

婚活パーティーへの参加に疲れきっていた私は、それがきっかけで、入会を決意したのです。

私が参加したのは、「パーソナルサポートプラン アクティブ(現在のパーソナルサポートスタンダード)です。

できるだけ費用をかけたくなかったのもありますが、「結婚相談所なら、スタッフの手を借りなくても自力で成婚できるのでないか」……という期待もあったので、『自力本願』のこのプランにしました。

「パーソナルサポートプラン アクティブ」は、マリッジコンサルタントや仲人さんのような仲介役がなく、自力で婚活をすすめていくプランです。

自力本願には少し不安もありましたが、分からないことや困ったことがあったら支店に行って相談しよう、とも考えていました。

入会時に支店に行ったときは、スタッフの方が丁寧にプランやシステムの説明をしてくださいました。

また、価値観マッチングでの紹介に必要になるため、50項目程度の詳細な性格診断チャートを記入しました。

1人目の男性との出会い

始めて異性とコンタクトを取ったのは、入会から2ヶ月目のときです。

たまたま支店に行ったとき、入口ドアの左側に張り出されていた、異性の自己PRを読んだのがきっかけでした。

入口ドアの付近には、異性が自筆で記入した自己PRと、顔写真が張り出されています。

これは強制ではなく任意のシステムなのですが、希望者はスタッフに伝えて専用の紙をもらい、そこに自分の情報と写真を張り、支店に張り出して直接異性にアピールするのです。

当時私は20代だったのですが、同じく20代の男性に興味を持ちました。

30代以上の会員が目に付く中、同年代の男性はやはり気になったのです。

字も丁寧で、写真の雰囲気も真面目そうでした。

金融系の会社員だと書いてありました。

スタッフを通じてコンタクトを申し込んだところ、後日彼からOKの返事をもらいました。

お互いのパソコンアドレスを交換し、パソコンメールでのやり取りが始まりました。

・・・とは言え、パソコンなので、やり取りは2~3日に1回程度の往復です。

まだ会ったこともないので、重いと思われたくないし、妥当な頻度が分からなかったのです。

2週間後の日曜日に、私たちは会う約束をしました。

支店がある駅の改札で待ち合わせをしました。

当日、彼はスーツを着てきてくれて、第一印象は好印象でした。

そのまま近くの高級デパートの最上階フロアで、和食の料亭に入りました。

かなり格式が高い料亭で、庶民派の私にはなかなか落ち着かない雰囲気でした。

静かに和食をたしなむような店なので、賑やかに会話ができる空気ではありません。

しかも初対面という状況もあり、そもそも会話が弾むどころではありません。

そのうえ、「金融系とは具体的に、どんな仕事されているんですか」とか「好きな食べ物は何ですか」など、大抵の基本情報はすでにお互いパソコンメールでやり取りしてしまったので、「私、こういう高級な店は慣れていなくて・・・(苦笑)」と無理やり話題を見つけることに精一杯でした。

そのまま会話は弾むことなく、お互いに表面上の愛想笑いで初対面デートを終えました。

帰宅して「今日はありがとうございました。また都合が合ったら会いましょう」という旨をお互いにメールしましたが、お互いに社交辞令感がすごかったので、また会うどころか、そのままどちらからもメールすることはありませんでした。

2人目の男性との出会い

2人目の男性と会ったのは、入会から半年が経った頃です。

私のプロフィールを見て、コンタクト申請をしてくれた男性でした。

公務員で、わりと近郊に住んでいて、優しそうな雰囲気の男性でしたので会ってみることにしました。

私の家の近くの駅まで迎えに来てくれるというので、駅のロータリーで待ち合わせをしました。

公務員ということで、ある程度の生活はしているものと思っていたのですが……迎えに来てくれた彼が乗っていたのは、年式が古い軽乗用車でした。

「あれ?」と思いながら車に乗ると、彼の服装は完全に私服でした。

1人目に会った男性がスーツを着てくれていたので、かなりガッカリしました。

連れていってくれたのは、おしゃれなレストランでした。

でも会計時に、地元誌のクーポンを提示していて、ドン引きしました・・・。

わりと気さくな方で、会話自体はそこそこ楽しめたのですが、私はもう二度と会う気は起きませんでした。

 

それ以降は、そのまま出会いがなかったので、およそ10ヶ月で退会しました。

ややこしい手続きがあるかと覚悟していたのに、電話一本で退会できたので少々拍子抜けでした。

まとめ ツヴァイはこんな人におすすめ!

私の10ヵ月の体験から、ツヴァイがおすすめなのは「行動力のある人」です。

特に私が入会していた「パーソナルプラン アクティブ」のように、自分で積極的に行動するプランを検討している方は、尚更です。

私が会ったのは2名だけでしたが、「会ってみれば意外に相性ぴったり」という人もたくさんいたかもしれません。

何名と会ったとしても料金は月額の範囲内なので、少しでも興味を持った相手なら、積極的にコンタクトを取ってみてはいかがでしょうか。

私はツヴァイのプランをなかなか生かしきれませんでしたが、これから活動される方は、私の実体験を踏まえて、効率的に活動されるだろうと信じております!

より詳しくZWEI(ツヴァイ)について知りたい方は下の記事へ!
↓↓↓


自分にはどの結婚相談所があっているのか分からない方はこちら!
↓↓↓
【2019年度版】あなたにオススメの結婚相談所はこれで決まり!一目でわかる大手8社の比較表・フローチャート
kekkonsoudanmap

結婚相談所はハードルが高くて入会を迷っている方は、低価格で手軽に婚活を始められるマッチングアプリもおすすめ!

あなたにオススメのマッチングアプリはこれで決まり!一目でわかる13個のマッチングアプリ比較表・フローチャート


監修・伊藤早紀

この記事のURLをコピーする

この記事を

この記事を twitter

この記事を facebook

この記事を はてなブックマーク

この記事を書いたのは私です
都道府県から結婚相談所を探す
× ログイン
アカウントをお持ちで無い方は新規登録へ Facebookでログイン Twitterでログイン または
パスワードをお忘れの方はこちら

× 新規登録
既にアカウントをお持ちの方はログインへ
  • 会員限定記事が読み放題
  • マッチングアプリの恋活・婚活のノウハウがつまった資料を無料でダウンロードできる
  • マッチングアプリ各種のお得な最新情報を受け取れる
  • ラブホの上野さんはじめ恋愛のプロに相談できる
  • または
    利用開始をもって《利用規約》《個人情報保護方針》に同意したものとみなします。