TOP > 結婚相談所 > <ヒトオシ限定完全版>1990人に振られて12個下の女性と10ヶ月で入籍!ザ法人営業杉本さんの戦略的非モテ婚活について聞いてみた

<ヒトオシ限定完全版>1990人に振られて12個下の女性と10ヶ月で入籍!ザ法人営業杉本さんの戦略的非モテ婚活について聞いてみた

タグ

結婚相談所

ヒトオシのLINE登録会員様向けの完全版になります。

「ヒトオシ限定コンテンツ」を今すぐに読みたい方はここをクリックすると、限定コンテンツ部分に移動します。

アプリの婚活で結婚できるのって、イケメンだけじゃないの?そんな男性の皆さんからのお悩みを解決すべく、Twitterで非モテブランディングをしながらも、マッチングアプリで奥さんを見つけ12個下の奥さんとスピード婚した「ザ法人営業」でおなじみの杉本さんに、婚活成功の秘訣をインタビューをしてきました!

伊藤:すぎぽさんこんにちは!ヒトオシの伊藤早紀です。Twitterでは「すぎぽ」さんとお呼びしたりしていますが、今回は杉本さんと呼ばせていただきますね。

杉本:初めまして。マッチングアプリを使って婚活をしていたので、伊藤さんのTwitterフォローして見ていました。笑

伊藤:ありがとうございます!嬉しいです!ヒトオシはオンライン婚活サービスで、既婚者のインフルエンサーのお話しを聞いてみよう!という企画で、実際に婚活の経験もある杉本さんにお願いさせていただきました。最近、アプリで出会った奥様と入籍されたとの報告を見ましたよ、おめでとうございます!

杉本:ありがとうございます。笑 僕自身、婚活はものすごく本気で頑張ったのでその経験もお伝えできたらと思います。

伊藤:早速なのですが、簡単に自己紹介をお願いできますか?

杉本:はい。元々国内大手の通信キャリアにいて、そこからメガベンチャーに転職して、現在は3社目です。その企業で法人営業しながら、ツイッターでは法人営業の面白さや、営業経験で培ったり、僕らの上の世代の伝説の営業マンのような人たちから見聞きした「秘伝のタレ」的な、表には出てこないノウハウを発信したりしています。

伊藤:ザ法人営業といえば杉本さんですよね。どうぞよろしくお願いします。

「写真を見て『半魚人』だと思ったら自分だった。」非モテの戦略的彼女の作り方

伊藤:杉本さんって、Twitterでは非モテブランディングしてますけど、本当はモテるんじゃないですか?

杉本:そんなことないですよ。残念ながら女性側から「好き」と言われたことは今まで一度もありません。全員自分からアプローチしていました。

伊藤:学生時代はどうでしたか?

杉本:僕は高校まで、自分の見た目を「そこそこイケてる」って思ってたんですよ。でも、修学旅行の写真に写っている自分を見て、「誰だ?この半魚人は」と思ったら自分だったんです。

※「半魚人」時代の杉本さん。高校の伝統行事だった運動会で負けて強制坊主になったそう。

伊藤:

杉本:そのとき「自分はイケメンじゃない」とわかったので、「これでは女性からアプローチがくることはないから、自分からガンガン行かなければ」と認識しました。男子高生ですし、彼女はすごく欲しかった。そこから女性へのアプローチをめちゃめちゃ考えましたね。

見た目は良くないけど、全国に名前の知られた進学校でそこそこ頭は良いと見えるはず。だから、自分の学校より少し偏差値が低めだけど、自分の学校の価値に気がついてもらえるであろう偏差値50-60くらいの学校に通っている女子高生を狙って、参考書コーナーでナンパしてました。「その参考書イケてないですよ」って、話のきっかけを作って。笑
23人目に声をかけた子が、初めての彼女です。

伊藤:23人!ものすごい行動力ですね。ターゲティングの仕方がすごいし、実行して結果を出したのも素晴らしいです。

杉本:それくらい頑張らなきゃいけないって理解してましたから、そこからは早かったですね。

伊藤:強みと弱みの理解をして、強みを生かして試行回数を重ねる。学生時代からマーケと営業のスキルがしっかりあったんですね。

コロナで入院して結婚を意識。「年末までに彼女を作らないとクビ」

伊藤:杉本さんは奥さんと今年(2021年)の7月に入籍されたんですよね。婚活をしようと思ったのはいつからなんですか?

杉本:去年の9月です。

伊藤:え?婚活を意識して1年足らずですか?それは早い…。

杉本:死ぬ気で婚活しましたから。笑 僕は、去年の9月にコロナに罹って入院したんですよ。そのときに、周りの患者さんは家族や恋人がお見舞いに来ていたのに、僕には誰一人来なかった。このまま孤独に死ぬのは嫌だと思って、年末までに彼女を作るという目標を決めました。営業必達目標で、「できなきゃクビ」くらいに思ってやってたんです。

そこで始めたのがマッチングアプリの「東カレデート」です。

伊藤:実は東カレデートって男女比が6:4で女性の方が多いんですよ。年収で審査されてしまうので、750万円以上ある人は是非使って欲しいアプリですね。

杉本:ペアーズもやってみたんですけど、僕には東カレデートのほうが合ってましたね。港区女子のイメージがありますが、20代後半〜30代の女性だと真剣な婚活女性もすごく多かったです。

伊藤:大体どれくらいの人数に会ったんですか?

杉本:まず、12月末までに彼女を作るために、KPIを設定していました。彼女になるということは、最低3回デートに行ける人じゃないといけない。3回デートに行ける女性を3人作ろう、と。そして、そのためには3ヶ月の間に15人は知り合う必要があるだろうから、新規で15人に会うと決めました。

伊藤:すごい!まさに営業のアポイント件数の設定と一緒ですね。3回デート行く女性という目標も達成できたんですか?

杉本:はい。僕の場合、会ったらなんとか3回デートいけるんじゃないかなと思っていたんです。一旦会ってくれさえすれば、コミュ力とか面白さや優しさをアピールすることはできると思った。でもこの顔とスタイルと、何より年齢が高めなので、会うまでが大変だろうなと。笑 実際に、マッチングやメッセージでデートにこぎつけるところが本当に大変でした。でもとにかくめちゃめちゃアプローチの数を増やして頑張ったんです。

伊藤:マッチングするためにはどんな工夫をされていたんですか?

杉本:もうこれは裏技があるんですよね。

ここからヒトオシ限定コンテンツです

杉本薔薇を2000本買いました。(※東カレデートでは、異性にアピールの手段としてアプリ上で薔薇を贈ることができる。1本10円。)

伊藤:えー!2万円の課金…!

杉本:そうなんです。コロナで入院中、その薔薇を1本づつ、「いいね」と一緒にひたすら贈ってました。

伊藤:つまり、2000人に薔薇を配って、会ったのが15人。CTR0.75%ってことですね。15人会ったのはすごいけど、影の努力もまたすごい…。

杉本:あとは、メッセージにもコツがあります。

伊藤:メッセージのコツ、聞きたいです。

杉本:東カレデートって好きなエリアがプロフィールに書いてあるんですね。だから「六本木」って書いてあったら、六本木の店をリサーチして、そのお店のお誘いをさり気なくしたり、海外旅行ってプロフィールに書いてあったら、自分も海外旅行好きです!って合わせにいったり。…本当は、僕はゲームが趣味なんですけどプロフィールには一切書きませんでした。

伊藤:そこはまさに営業ですね。相手のニーズを汲み取り、アプローチすると。

〜〜ここまでがヒトオシ限定コンテンツです。〜〜

「仕事の話が出来る相手が良い」は半人前!男は家族を持つことで成長する

伊藤:15人会って、3人と3回デートして、奥さんに決めた理由はなんでしたか?

杉本:一回目に会ったときから、いいな!って直感で思ってたんです。食いっぷりがいいこと、あと歩く時に歩幅がしっかりしていて生命力を感じたところに惹かれました。電車で3駅分の距離なら、歩こうってタイプで、なにか頼もしいんですよね。

伊藤:素敵な奥さん!元々の理想と、実際に結婚したお相手と違ったところはありましたか?

杉本元々は僕が仕事が好きなので、どうしても同業種のIT系の人とかを探していましたが、奥さんは看護師さんなんです。

伊藤:全く違う業種ですね。婚活している男性にも「仕事の話ができる人がいい。自分が成長できるから」とかいう男性多いんですけど、それって実は半人前の証拠なんですよね。だって恋人からの知識が仕事の成功に与えるインパクトなんて大したことないですもん。そんなので成長できるとしたら大した仕事してないと思います。

杉本:笑 確かに同じ業種だと、変に緊張しちゃうんですよね。アドバイスしてあげなきゃとか、いいところ見せなきゃとか。でも、違う業界でお互いわからないからこそ、仕事がうまくいってなくても関係なく一緒にいてくれる安心感があります。

伊藤:仕事の話以外にも話すことって、夫婦になるとたくさんありますもんね。

杉本:彼女の好きな登山の話をしたり、映画のことだったり、日常のプライベートの話をしてることが多いし、幸せな時間です。夫婦って「楽しいこと」より「楽であること」が大事なんじゃないかと思います。

伊藤:たしかに、一緒に暮らす上で、肩肘張らない楽な関係って本当に大事だと思います。特に仕事などで気を張るタイプの人はなおさらですよね。
結婚して良かったなと思ったことはなんですか?

杉本:やっぱり、自分のためだけじゃなくて人のために生きてることによって更にパワーをもらえることですね。自分のためだけだと限界がくるけど、奥さんがいるって思ったら、大変なときも「頑張ろう」って思えるようになりました。

12歳の歳の差婚!美人看護師さんと結婚できた理由

伊藤:ちなみに、奥さんのお写真見せてもらってもいいですか?

杉本:いいですよ。

伊藤:え!めっちゃかわいい!食いっぷりが良くてガンガン歩くタイプに良い意味で見えないというか…しかも若いですよね。

杉本:そうなんですよ。29歳です。僕が41歳なので、ちょうど干支が一緒です。笑

伊藤:見た目も性格も素敵な奥さんと結婚するために、婚活で大変なことってなんでした?

杉本:やっぱり時間とお金がかかることでしたね。僕、マッチングアプリでは2000人にはいいねを送ってアプローチしているので。実際会ったのが15人だから、1990人近くの女性には会うまでに振られていることになります。笑

伊藤:確かにそれは辛いですね。必達目標を掲げて、思考停止させてアクションを進める精神力が必要になりそう。お金はどれくらい使ったのですか?

杉本:毎回ご馳走していたので、1ヶ月のデート代だけで50万円近くいったこともあって、自分でも後から明細見て驚きました。

伊藤:50万円?!それはすごい…!私が運営しているヒトオシでは、ご紹介した人と必ずオンラインで会っていただくので、「いいねを送ったけど振られた」とか「会う前にメッセージが途切れてしまった」という経験がないんです。

杉本:僕、結婚相談所って結構ガチガチにルールがあって、自由度がないイメージだから、真剣に婚活していたけど入会はやめたんですよね。ヒトオシと結婚相談所って何が違うんですか?

伊藤:ヒトオシはシンプルに、月に2名とのオンラインでのお見合いをセッティングします。お見合い後は、もちろん仲人役のマッチングプランナーが相談に乗りますが、本人たちの自由です。

杉本:なるほど。じゃあ入籍前に旅行にいったりしてもいいんですね。結婚相談所は、旅行にも行けずにお互いよくわからないまま入籍を決めて成婚料もとられるのがちょっと苦手だったんですよね。

伊藤:結婚の本気度は面談で確認しますけど、あくまで結婚を前提としたお付き合いをしてもらうところがゴールです。これを「カップル退会」って呼んでます。
あとは、結婚相談所ってマッチングアプリと一緒で、基本は自分で相手を探してお見合いを申し込むんですよ。結婚相談所のアプリで、マッチングアプリでいう「いいね」を押すんです。

杉本:つまり、相手が「いいね」を返してくれないと、お見合いは成立せずに、僕みたいに15/2000人という確率だと、何百人にお見合いを申し込まなきゃいけないんですね。

伊藤:そうですね。ヒトオシは昭和のお節介おばちゃん的に、「あなたたち、合うと思うからとにかく一回お見合いしなさい!」と半強制的に月に2名のお見合いをセッティングします。だから、会員は自分で相手を探さないし、メッセージもしなくていいのです。その分、面談でじっくり話を聞いて、時には諭して、厳選した相手としかお見合いをさせません。


杉本:仕事が忙しかったりすると、自動でお見合いがセッティングされるのはすごいありがたいですね。

伊藤:男性にはプロフィールを作ったりメッセージをしなくて良いところは結構好評ですね。写真撮るのが苦手だったり、メッセージ不精な男性男性多いんですよ。あとは、どうしても結婚と関係ない条件で選んじゃう人も多くて、面談でそこはしっかり「合いそうな人はこの人!」とイメージ湧くまでヒアリングさせてもらいます。

杉本:確かに最初の1500人くらいは、業界が一緒とか、今の奥さんとは全然関係ない人にいいねを送っていたなー。僕がやってたことを全て外注して効率化できるってすごい。それに、ある程度自由度があるのも嬉しいし、独身時代だったら絶対使ってます。

伊藤:ありがとうございます。笑 杉本さんみたいな男性がたくさん使ってくれるように、これからもがんばります。

紹介型マッチングサービス「ヒトオシ」はこちら!
◆ヒトオシ
◆伊藤早紀のTwitter
◆伊藤早紀のYouTube

11/7(日)までにLINEトーク上で「杉本さんのnoteを見て」と言ってくれた人はヒトオシの3ヶ月プラン、5ヶ月プランを3,000円引きします!この機会にぜひお申し込みを!


監修・伊藤早紀
この記事を書いたのは私です
都道府県から結婚相談所を探す
カテゴリ内人気記事
× ログイン
アカウントをお持ちで無い方は新規登録へ Facebookでログイン Twitterでログイン または
パスワードをお忘れの方はこちら

× 新規登録
既にアカウントをお持ちの方はログインへ
  • 会員限定記事が読み放題
  • マッチングアプリの恋活・婚活のノウハウがつまった資料を無料でダウンロードできる
  • マッチングアプリ各種のお得な最新情報を受け取れる
  • ラブホの上野さんはじめ恋愛のプロに相談できる
  • または
    利用開始をもって《利用規約》《個人情報保護方針》に同意したものとみなします。